それいけ!エンジニア夫婦

設備管理エンジニアの夫(クマ師)とプラントエンジニアの妻(nana)の夫婦ブログです。仕事、趣味、0歳の息子(チョロ)との3人暮らしの日常などを書いています。

24時間ジムのメリット・デメリット

↓もしよければクリックお願いします。励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちは、クマ師です。

 

私は24時間営業のジムに通っています。

24時間のジムってどうなの?という疑問を持っている人もいるかと思います。

 

今回は私が思うメリット、デメリットをまとめていきます。

 

 

メリット

その1:好きなときに通える

最大のメリットがこれですね。

仕事の帰りが遅くなっても大丈夫ですし、仕事に行く前に軽くジムで汗を流すこともできます。

 

ジムが開いている時間に縛られて、他の予定を調整するのって疲れるんですよね。

かといって、他の予定を優先してばっかりいると、ジムに通えなくなってしまい会費が無駄になります。

 

私は基本的に土日のみジムに通っていますが、金曜の仕事が終わった後の23時くらいにジムに行くこともあります。

朝早く目が覚めた日は早朝にジムに行ったりもしています。

 

その2:空いている時を狙える

閉店時間が決まっているジムだと、閉店間際に仕事終わりの人達が大量にいたりするのですが、24時間ジムだと空いているタイミングがほぼ確実にあります。

 

通っているうちに、「このジムはこの時間帯が空いているな」というのが分かってくるので、それに合わせて行けばマシーンが空いてないなどのストレスがなくなります。

 

その3:安いところが多い

基本的に、24時間のジムは、雑な言い方ですが「マシーン置いとくから勝手に使ってね」というスタンスです。

 

内装もそんなに凝ってないところが多いと思います。(汚いということではなく、オシャレ感を出してないという意味です)

 

有名なジムなんかだと月に1万円以上することが多いですが、24時間ジムは7〜8千円くらいで通えたりします。

 

デメリット

その1:マシーンの種類・数が少ない

店舗によるのかもしれませんが、基本的にマシーンの種類や数は少ないです。

そのため、いろんな種類の動きを取り入れて鍛えたい人は物足りないかもしれません。

 

とは言え、基本的な動きはできるようになっています。

例えば、私が通っているジムでは胸のトレーニングマシンとして、プレス系(押す動き)とフライ系(腕を横に開いたり閉じたりする動き)のマシーンがあります。

 

この2種類があれば問題はないですし、他の部位もだいたい2種類以上のマシーンがあります。

 

ただ、大きなジムのようにいろんな種類のマシーンがずらっと並んでいる訳ではないので、飽きてくる人もいるかもしれません。

 

まぁ、それは飽きてから考えればいいとは思いますが。

 

その2:スタッフがいない時間がある

基本的にスタッフの方は夕方or夜までの勤務なので、深夜にはスタッフはいません。

そのため、筋トレ初心者でマシーンの使い方がよく分からない人は最初のうちは困るかもしれません。

 

また、万が一深夜に他の客とのトラブルに巻き込まれたときに助けを求める相手がいないということも有り得ます。

 

その他

マナーについて

これについては、地域、店舗によるとしか言いようがないと思います。

安かろう悪かろうのイメージがあるかもしれませんが、私の通っているところでは特にマナーが悪いということはありません。

 

もちろん、使ったマシーンを拭かない人などもいますが、こういう人はどこのジムにもいますし、私の経験的には24時間のジムにだけマナーの悪い人が特別多いということはないです。

 

治安について

治安についても、24時間のジムだから悪いということはないと思っています。

昼間は従業員の方がいてくれますし、夜もトラブルに巻き込まれたことはありません。

 

普通に、深夜に女の人が1人で来てトレーニングしてますし、その人が絡まれたりナンパされてるのを見たこともありません。

ガラの悪い人がずっと居座ってるなんてことも経験したことないです。

 

むしろ、夜中にまでジムに来てる人はガチな人が多いので、黙々とトレーニングしてる感じです。

 

ただ、「ファミリー層が多く住んでいるところにあるジムだから」というのはあると思います。

 

一度行きたいジムを見に行くのが一番早いと思います。

 

 

以上