それいけ!エンジニア夫婦

3,500万円を運用中のエンジニア夫婦(クマ師とnana)です。投資のことがメインで、仕事、趣味、育児などの日常についても時々書いています。

共働き夫婦のお財布事情。我が家は一緒の財布です

↓もしよければクリックお願いします。励みになります。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

こんにちは、クマ師です。

 

我が家は共働きですが、家計のお財布をどうしているかについて書いてみようと思います。

 

我が家のお財布事情

一緒の財布

共働き夫婦の場合、家計の管理は次の3パターンに分かれると思います。

 

①一緒のお財布
 →お互いの収入や支出をほぼ全て把握している。

②一部共通のお財布
 
→家計用の口座などを作ってお互いが定額振り込んで、その中で家計をやりくりする。あとは各自で自由に使う。

③別のお財布
 →家賃、食費などの支払い分担を決めて、それ以外のお金は各自が自由に使う。

 

我が家は①の一緒のお財布にしています。

 

一緒のお財布にした理由

正直に言うと、特にこれと言った理由はありません(笑)

 

しいて言えば、どちらも浪費家ではないので、お金事情を公開することに何の抵抗もなかったのが大きかったと思います。

 

特に深い話し合いもなく、自然と家計簿アプリにお互いの口座やクレジットカードを登録し、収支を公開し合うようになりました(笑)

 

ちなみに、使っている家計簿アプリはZaimです。

 

 

周りからは、お互いに監視し合ってて息苦しくないの?と何回か言われたことがありますが、全く気になったことはありません。

 

というか、監視し合っているという感覚もありません(笑)

 

夫婦ともにお金は全て共有財産という認識だったので、この辺の金銭感覚や価値観がピッタリ合っていたのだと思います。

 

各支払の担当分け

基本的に、日頃の全ての支払いは私(クマ師)が担当しています
食費、日用品、住宅ローン、保育園費などです。

 

※妻のジム代もなぜか私が負担しています・・・。それは自分で払ってくれ・・・。

 

妻は、家具、家電の買い替えや将来のクルマ購入費など、大型出費を負担する予定となっています。

 

支出管理

普段の支出は家族カードから

私がエポスカードのゴールドカードを持っていたので、家族カードを作って、妻に渡しています。

 

カードの名義は妻ですが、支払口座は夫の私になっている状態です。

 

スーパーや薬局で買い物するときはこの家族カードを使ってもらっています。(時々、カフェ代が混じっていたりします)

 

お小遣い制は無し

我が家では定額のお小遣い制は採用しておらず、少額な物に関してはお互い自由に買っています。

 

ただ、夫婦ともにあまりお金を使わないので、それぞれ1万円も使っていないと思います。

 

1万円を超えるような物を買う時には相手の了承をもらってから買うようにしています。

 

これも特にルールが決まっている訳ではなく、いつの間にかそうなっていました(笑)

 

財布が一緒のメリット・デメリット

メリット

メリットは何と言っても、家計の収支が完璧に把握できることです。

 

お互いの収入がどのくらいか、どちらが何にいくら払っているか、毎月余るお金はいくらか等、全て分かるので、いくら貯金しよう、いくら投資に回そう、将来の子供の学費はどちらが払おうなどの計画も立てやすいです。

 

また、全ての家計状況を把握できていると、このペースで投資して何年後にFIREしようなど、今後の夫婦・家族の生き方についての話もしやすいです。

 

デメリット

デメリットは、出費の内容について相手に突っ込まれる可能性がある、あるいはお小遣い制で出費に制限がかかることです。

 

出費を相手に共有していると、今月出費多くない?とか、これ買う必要あるの?みたいな会話になる可能性があります。

 

ただ、我が家は夫婦ともに浪費家ではないので、相手の出費に突っ込むことはほぼ無いです。

 

以上、共働き夫婦のお財布事情でした。