それいけ!エンジニア夫婦

設備管理エンジニアの夫(クマ師)とプラントエンジニアの妻(nana)の夫婦ブログです。仕事、趣味、0歳の息子(チョロ)との3人暮らしの日常などを書いています。

美容皮膚科ピコレーザーによるシミ取り体験記です。誰にも気づかれずに治療期間約1か月半でシミがなくなりました!

↓もしよければクリックお願いします。励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちは。nanaです。

 

頬のシミを取りました!

マスク生活のおかげで、家族以外誰にも気づかれることなく約1カ月半の治療を終えました!

 

私にとって、人生初めてのシミ取りでした。

体験レポートをまとめます。

 

 

 

シミ取り治療を受けるまで

シミは自力では取れない

出産後、頬に直径7mmほどのシミができました。

鏡を見るたび、いつも気になっていました。

 

美白化粧品や市販薬を試しても効果はなし。

残された道は、レーザー治療しかない、と思っていました。

 

しかし、「なんとなく不安」で、なかなか治療に踏み切れませんでした。

 

 

 

シミ取りをしようと決心したきっかけ

「なんとなく不安」を取り除くため、不安に感じている点を整理しました。

 

私が不安に感じていたのは以下3点です。

  1. 治療が痛そう
  2. 治療費が高そう
  3. 他人の目が気になる

 

 

シミ取りについて調べるうちに、3点すべて解決したのです。

  1. 治療が痛そう   →麻酔するから痛くない
  2. 治療費が高そう  →カウンセリングで質問
  3. 他人の目が気になる→マスク生活で無問題😏

 

 

こうして、治療する決心がつきました。

 

 

 

病院選び

病院によって治療費、使う設備、治療方針、など様々です。

 

私は治療中に何かあったときにすぐに行けることを重視して、家から通いやすい近くの美容皮膚科を予約しました。

 

 

 

シミ取り治療スタート

初回カウンセリング

顔の写真を撮影され、写真を見ながら医師と治療方針を相談しました。

 

私の場合、「ピコレーザー1回照射」に決まりました。

 

治療前に疑問点があれば初回カウンセリングで質問します。

  • どれくらいのペースで病院に通うことになるか
  • トータルで価格はいくらになるのか

など、

 

疑問点を解決して、納得してから治療の契約書にサインをしました。

 

 

レーザー照射

麻酔クリームを塗って、20分ほどしてからレーザーを照射しました。

 

痛みはほとんどありませんでしたし、本当にあっという間に終わりました。

パチン!パチン!と音がして、焦げた匂いがしました。

 

日焼けに気を付けて過ごすよう言われ、治療が終了しました。

 

 

 

カサブタができる

レーザー照射した箇所には、日焼けした肌のような色のカサブタができます。

当日から1週間、軟膏を塗って患部を保護します。

 

私の場合、3日目の入浴中にカサブタが取れて、ピンク色の肌になりました。

 

あまりお化粧はしないよう言われたので、日焼け止めジェルのみで過ごしました。

マスク生活なのでノーメイクでも乗り切れます。

 

 

 

経過観察のための診察①

ピンク色の肌を診察してもらいました。

ピンク色の肌から肌色の肌になる人が半分、色素沈着を起こす人が半分いるそうです。

 

ハイドロキノンクリームとビタミン剤を処方され、今回も日焼けに気を付けて過ごすように念を押されました。

 

 

 

ピンク色の肌が3週間で肌色に

私の場合、色素沈着は起きず、3週間ほどで肌色になりました。

周りの肌と比べてもよく見ないとわからないほどでした。

 

 

 

経過観察のための診察②

肌色になった肌を診察してもらいました。

経過に問題なかったので、この診察で治療は完了しました。

 

 

 

まとめ

初回カウンセリングから治療完了までの期間は、約1か月半でした。

トータル費用は1万円ほど。

 

想像していたよりも手軽にシミがとれて満足です😀

もっと早くやっていればよかった、と思いました。笑

 

マスク生活のおかげで、

家族以外誰にも気づかれることなく約1か月半の治療を終えました!

治療後のメイクを控える期間もノーメイク+マスクで乗り切れました。

 

マスク生活が続く今は、絶好の機会だったなと感じます。

 

シミ取り、やってよかったです😀

 

 

以上